短期間で肌をキレイにさせる方法。

先日、あるテレビ番組で短期間で肌をキレイにさせる方法なるものがやっていました。
短期間でお肌がキレイになれる方法があるのならば、是非知りたいと思いまして、テレビやその他雑誌やネットなどの情報を自分なりにまとめて実践してみました。
本当に短期間でお肌が見違えるようにキレイになっていったので、私が実践した方法をレポしたいと思います。

私がいう短期間は14日間、約二週間で肌を改善させる為にいろいろなことをしました。

①肌を短期間でキレイにさせるには正確な洗顔方法をマスターする

毎日の洗顔は小さいことかも知れませんが、大事ですし、そのやり方が間違っていると肌はキレイになりません。まずは、メイクをしている場合はメイクを落とします。その後に蒸しタオル(レンジで1~2分間チンする)を顔の乗せます。私はこの洗顔方法は夜にするので、湯船の中に浸かりながら顔に蒸しタオルを乗せます。
蒸しタオルを5分程度顔にあてれば完全に毛穴は開きます。

毛穴が開いたら、洗顔ソープを充分に泡立てます。これでもかと言う位に泡を立てます。
まずは顎やTゾーン、小鼻の横などの脂が多い場所を洗顔します。その時に指や手の腹が顔に当たる時はなるべくソフトに洗います。目や口元といった皮膚が薄くて繊細な場所は指があたらないように泡だけで洗うことを意識します。
泡で充分に洗顔が出来たら、今度はすすぎです。すすぎは洗うことよりも肌にとっては重要になるので、ぬるま湯で(30度~35度くらいがベストだそうです)最低20回はすすぎましょう。

②洗顔が充分にできたら、次は保湿

私は洗顔後、朝の様に時間がない時はタオルで拭きますが、お風呂上りは拭きません。まだ完全に乾く前にまずはオイルを顔や首まで数滴つけます。この作業さえしてしまえば、その後慌てなくても大丈夫です。
すっかり汗も引いて着替えも済ませたら、保湿系の化粧水や乳液で保湿します。その時に手の腹で乳液や乳液を肌に奥に入れ込む感じでやります。乾燥が気になる部分は二度付けをします。

③食生活は短期集中型の肌ケア

とにかく肌に良い食材ばかりを食べます。バナナ、人参、トマト、豆類、豆腐、海藻、きのこ、みかん、りんご、きゅういフルーツ。グレープフルーツ、ヨーグルト、サーモン、牡蠣、赤みのお肉、りんご、こんにゃく、ごぼう、キャベツ、乳酸菌飲料。こられの食材を主に2習慣のメニューを組みます。

腸内から整いますし、肌に潤いも感じてきますし、肌が状態が凄く良くなる事を2週間待たずに感じる筈です。

④肌には質のいい睡眠

質の良い睡眠をとる。よくゴールデンタイムに寝ていないとお肌がキレイになれないと言いますが、人は寝てから三時間以内がともて大事な時間になるそうなので、何時に寝るよりかは、何時に寝ても三時間は深い眠りにつけているかが重要になるそうです。なので、寝る間際のスホマやパソコン、飲食などを避けて室内を適温、適灯りにして寝る体制に入りましょう。

私はこの4つの方法で短期間で肌をキレイにさせました。是非お試しください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする